雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

平井骸惚此中ニ有リ 其参

 第一巻は大賞を受賞したにも関わらず今ひとつで、二巻はいきなりミステリしてきて探偵小説に関する考察も含んでいて好感が持て、三巻目となる今回はさらに腕を上げてきており非常に楽しめた。富士ミスの中では数少ない、しっかりとミステリやっているシリーズなのではないだろうか。
 今回は平井骸惚ではなく、その弟子を自称する、最近すっかり粗忽者が板についてしまった河上太一が探偵役を務めている。また珍しいことに彼の相棒としてメインに登場するのは、口絵で色香の漂っている涼ではなく、その妹の溌子。さらに太一の許婚だというゲストヒロインまで出てきて、――主人公は好かれすぎ。ミステリとしてもしっかりと作られていて、楽しむことができた。