雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

サバンナの動物たちを調査する『ひもサバンナ』開けてみた

 OKAZU brandさんのゲームマーケット2013春の新作は『ひも電』『ひも電輸送編』に続く「ひも」シリーズの第3弾。その名も……『ひもサバンナ』!?
「えっ、電車じゃない……?」
 と困惑を抱えつつも買ってみました。

開けてみた


 まずは、パッケージです。
 サバンナに生息する、様々な動物のイラストが描かれています。タイトルロゴもポップですし、さすがに洗練されたデザインですね。



 裏面です。
 こちらのデザインも洗練されています。



 では、早速、カッターの刃を差し込んでみましょう。



 シュリンクをめくります。ぺりぺりぺり……。



 ぱかっ。
 蓋を開けてみた瞬間です。



 箱に入っていたものを、ひと通り取り出します。
 小さい箱の中に、きっちりがっつり色々と詰まっている印象です。



 こちらはタイルを並べてみたところです。
 動物タイルはユニークな物が多く、雰囲気が出ています。四隅にアイコンが描いているのですが、これは、実際にテーブルに並べたときは、やや分かりにくいかもしれませんね。
 調査タイルは、わりと淡白な印象です。



 こちらは、チップのアップです。
 プラスチック製で、手で触っていると、かちゃかちゃ正しいです。予算の関係上、仕方がなかったのかもしれませんが、チップを見るだけでは「これが10点、これが5点」というのが分からないので、紙製で良かったので、価値があった方がプレイアビリティは上がりますね。



 最後は紐のアップです。
 今までの「ひも」シリーズは、各プレイヤが何本かの紐を受け取って、それをテーブル上に配置しましたが、『ひもサバンナ』では、フィールド紐の他には、調査紐があるだけで、これを全員で共有します。

おわりに

 一度、遊んでみましたが、どうやらルールを間違えていた様子です。
 けっこうシンプルな感じで、ゲームとしては、手を動かすのが楽しいタイプかなという印象。子どもと遊ぶときの簡単なヴァリアントも入っていましたし、けっこうボードゲーム初心者の方と一緒に遊ぶのも良いかもしれません。