雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

2019年4月の記事ピックアップ

f:id:sinden:20190503152023j:plain
 4月は到るところで、平成最後というメッセージを見かけました。
 興味深く感じたのは、Twitterで散見された平成風だとか平成的という表現。令和という新元号が発表されるや否や、平成という言葉を古いもののように扱うセンスは、ちょっと面白いですよね。
 さて、それでは4月の雲上四季を振り返っていきましょう。

アクセスランキング(全体)


 全体の1位は、3月15日にオープンした横浜アソビルに入っている、横浜ヒミツキチオブスクラップで遊べる謎解き『Escape from the NINE ROOMS』の感想記事です。
 横浜を立ち寄るたびに、せっかくだからと覗いていますが、いつ行っても盛況で、人気の高さがうかがえます。

 2位は、久々にランクインしました、ドラゴンボール超とコラボしたリアル脱出ゲーム『地球人消滅からの超脱出』の感想記事です。
 昨年秋に開催された周遊型の謎解きですが、全国で再演ということで、再度、アクセスいただいている様子です。

 3位は大井町にある複合スポーツエンターテイメント施設「スポル」で遊べる謎解き『Escape From Black SPORU』の感想記事です。
 少し前の記事ではありますが、少しずつ暖かくなってきて利用者増加に伴い、注目いただいているのかもしれません。

アクセスランキング(4月)


 4月の1位は、アークライトから発売予定の、フリードマン・フリーゼによるボードゲーム『緑の国のアリス』を紹介したものです。
 英語版をプレイ済みで、非常に面白かったので、完全日本語版の発売を祝して書いた紹介記事となります。

 4月の2位は、この春にオススメの謎解きをランキング形式で紹介したものです。
 まだゴールデンウィークも後半が残っていますし、謎解きを遊んでみようかなとお思いの方は、是非、参考にしてみてください。

 4月の3位は、ちょっとびっくりですが、無料配布されていた謎解き『ドルアーガの試練』の感想記事です。無料で遊べるということもあって、気になった方が多かったのでしょうか。

今月のピックアップ


 あんまりアクセスされなかったけれど、読んでいただきたいイチオシの記事としては、こちら。
 持ち帰り謎の取り組み方について、あれこれ語った雑談です。よろしければどうぞ。

終わりに

 以上、4月の振り返りでした。
 5月は令和最初の、というメッセージを多く見かけそうですね。では、また来月。

今までのピックアップ