雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

脱出率0%の鬼畜難易度『勇者が民家におしよせた!』の感想

f:id:sinden:20190503143208j:plain
 2019年4月13日から立川の常設型謎解き施設「TRICK BOX」で始まったルーム型のリアル謎解きゲーム『勇者が民家におしよせた!』を遊んできました。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

参加しようと思ったキッカケ

 立川は自宅から、やや距離があります。
 しかし、月に1~2回程度は仕事で立ち寄ることもあるので、近くに住んでいる友人と飲みに行ったり、ボードゲームを遊んだりすることもあります。この謎解きも、そういうタイミングで遊ぼうと思っていました。
……が!

難易度

 初日の脱出成功チームはなし!
 Twitterでそのニュースを知ったときは「あ、難しい系なんだ~」と思ったのです。
 その後、すっかり忘れたまま1週間が経過し、始まって1週間経って尚、脱出成功チームがゼロであることを知り、かえって興味がかきたてられました。
「これはメンバーを揃えて行くしかない!!」
 そう、覚悟を決めて、平成最後の日に赴きました。

事前の準備

 難易度設定に関しては、事前にメンバー間で共有し、謎を手がけたマスタッシュ代表ナガノさんのTwitterを参照し、最初からヒントブックを見て進める決意を固めました。
 役割分担とか、情報共有とか、60分間を楽しむとか、そういうすべてをいったん脇に避け、とにかく脱出成功する。その1点を優先順位の第1位に掲げることにします
 そして……、

60分間の結果

f:id:sinden:20190503143539j:plain
 脱出失敗、でした
 いや~、圧巻でしたね。
 ふつうのルーム型だったら脱出成功しているであろうタイミングで進捗率50%に過ぎない圧倒的物量だとか、1回しか参加できない謎解きイベントであるにも関わらず、初見殺しとでも言うべき罠だとか、過去に類を見ない仕掛けがてんこもりでありました
 しかし、このすべてを、秋山たちはヒントブック全開で駆け抜けました。
 事実、最終工程に辿り着いた時点で、3分も時間を残らせていました。ヒントを参照しまくったにも関わらず、3分しか残せない分量とは何なのかとか色々ありますが、なんとか走り抜けました。
 でも……駄目でした
 ラス謎を前に、為す術なく立ち尽くし、ゲーム終了の無慈悲な合図を聞いたのでした

謎に対する不満はなし

 残念ながら脱出失敗となり、脱出率0%という数字をあれこれできなかったわけですが、解説を聞いて、最初に感じたのは「スマートだな」でした
 確かに伏線はありました。
 違和感はあったはずなのです。
 にも関わらず、気づけませんでした、閃けませんでした。
 少なくとも「そりゃあ、何時間あっても無理だわw」みたいな感じではないのです。無理ゲーではありませんでした
 であるが故に悔しいですね。ヒントブック全開という作戦で挑み、その成果として3分を得たにも関わらず、無為にしてしまいました。あー、くやしー。

これはリアル謎解きゲームなのか?

 遊び終えてしばらく経ってから、ふと思い至ったのは「これは、リアル謎解きゲームと言えるのか?」という疑問です
 上述の通り、秋山はヒントブック全開で駆け抜けました。瞬殺できる謎は瞬殺しましたが、5秒以上悩んだものは、躊躇なくヒントブックを見ました。なので、途中の小謎、中謎を解く楽しみ、閃く楽しみは、ほとんどなく、なんなら作業的に突破してしまいました。
 そう、ここで覚えた疑問というのは「ヒントを見て、作業的に進めるリアル謎解きゲームは、リアル謎解きゲームと言えるのか?」というものです。
 この疑問については、もう少し自問自答を続けていきたいと思いますが、このイベント『勇者が民家におしよせた!』は、間違いなく様々な示唆に富んだ作品で、クリエイターであるナガノさんのひとつの芸術作品だなと感じます。遊べて良かったです

一緒に遊んだぺこらさんの感想

失敗したねぇ。きれいに失敗したねぇ

そうね

まんまとナガノさんにしてやられたね

そうね

私、ほとんどの小謎を、多分、見ていない。ナガノさんのことだから、多分、すべての謎は美しいだろうから、それらを体験できなかったのは、ちょっと残念。こんな小謎がありましたよリストでもいいけれど、解説シートとかが欲しい

小謎はナガノさんというより、水瀬yazrowさんではないかしら

そうかも。純粋に小謎にもっと触れたかったの! だって、バブリーな使い方してたじゃん! もっと楽しみたかった!!

終わりに

f:id:sinden:20190503143801j:plain
 このイベントは2019年9月29日に終了が予定されています。
 果たして、終了するまでに何チームの脱出成功チームが現れるのでしょうか。それとも……脱出率0%のまま終わってしまうのでしょうか。この脱出成功缶バッジを購入する猛者が現れる日を、待ちたいと思います。

【5月4日追記】成功者が現れたようです!

 昨日、ブログを書いたばかりではありますが、ついに57組目の挑戦者が脱出成功チームになった様子です。おめでとうございます!
 現在の脱出率は1.7%ということで、この記事はタイトルに「偽りあり」となるわけですが、書いた当時は0%なわけで、せっかくですし、このままにしておく予定です。

合わせて読みたい

 他にも、リアル謎解きゲームの感想を書いています。こちらは、今日現在、遊べるものだけをまとめたもの。是非、どうぞ。