雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ニューヨークのオンラインイマーシブシアター『ESCHATON』の感想

f:id:sinden:20200812180834p:plain
 ニューヨークで開催されているオンラインイマーシブシアター『ESCHATON』に参加しました。タイトルはエスカトンと読みます。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

遊ぼうと思ったキッカケ

 昨今、リアル謎解きゲームやマーダーミステリー等、多くのイベント団体が、オンライン公演を始めています。知らない団体の知らない公演は、敷居が高いものですが、オンライン公演は、気楽に参加できます。
 今年は海外旅行できる気がしませんが、海外のオンライン公演ならば参加できそうだと思い立ったところ、山肩大祐さんが5月時点でnoteに書かれていました。さすがのアンテナです。

 山肩さんによる『ESCHATON』紹介は、こちらのnoteを見ていただければと思いますが、私の琴線に触れたのは、以下のくだりです。

 あなたがもし、体験を好む人ならば、自分の中で世界を理解しようとする気があるならば、心の器から好奇心が溢れ出る人ならば、この世界を覗いてみることをお勧めします。

https://note.com/dyamakata/n/n4b06302b111f

 あ、呼ばれたわ。
 そう感じたので、速攻でチケットを抑えました。

『ESCHATON』の概要

 公式サイトを見ると、サブタイトルのようにA New Kind of Nightlifeという言葉が掲げられています。
 この作品を表すように感じたいくつかのメッセージを意訳します。
・ニューヨークの役者が集まった閉鎖的なナイトクラブ・エスカトンへようこそ。
・エスカトンは毎週土曜22時~23時、きっかり1時間だけ開店する(日本時間では日曜朝11時~12時)。
・会場はZoom、手元にスマホを用意してね。
・Playじゃないよ、仮想的な見世物小屋みたいなものだよ。ただし、君がヒントを見つけるまでは……。
・チケット代は13ドル+システム利用料2ドル=15ドル(日本円だと約1600円)。
 こんなところでしょうか。
 詳しくは公式サイトをご覧ください。

『ESCHATON』の感想

 鮮烈な体験でした。
 最初に感じたのは東京ミステリーサーカスの『SECRET CASINO』や泊まれる演劇の『ANOTHER DOOR』に似ているでしたが、おそらくこの感想は誤りでしょう。
 きださおりさんが海外のイマーシブシアターに対して造詣が深いことを鑑みると、順番的には向こうが先で、『ESCHATON』を日本人が触れて楽しいように仕上げたのが『SECRET CASINO』であり、『ANOTHER DOOR』であると認識するのが順番的には正しいでしょう。
 そういった観点では、本家本元に触れることができたように感じました。



 まだ、1回しか参加していないこともあり『ESCHATON』が何であるか、まだその入り口にも立っていません。
 と言うのも、日本で公演されている作品とは、役者さんの人数が段違いで、謎や舞台の裏側を見るどころか、まずは用意された箱をひと通り見て回るだけで、けっこうな時間が費やされてしまったからです。
 多くの参加者はZoomのカメラ機能をオンにした状態で鑑賞していました。
 価格が15ドルと手頃なこともあるのでしょうか「毎週土曜夜の楽しみとして、ここに来ているんだと」いう常連とおぼしき方が多いように感じられました。彼らはESCHATONの謎に興味がないのか、あるいは既に解き明かしているのか、好みの部屋に入りびたり、ただ、その部屋で提供されるエンターテインメントを享受しているだけに見えました。


 一方で、仕掛けられた謎に対して果敢なプレイヤーも一定層おり、彼らは情報収集に熱心でした
 幸いにして、そういったプレイヤーと情報交換の機会が得られたので、本来は謎を解かないと入手できなかったであろうキーワードを、いくつか知ることができました。
 次は、この情報を元に、最初から調査に専念してもいいかもしれません。
 ただ、個人的には『ESCHATON』の正体を暴くことよりも、単に視聴者として1時間を楽しみたい気持ちもあります。と言うのも、終盤の10分くらいはGreg Dubin氏の部屋にいたのですが、単純に氏のショーが楽しかったんですよね。『Sleep No More』にも出演されていたらしく、視聴者との絡みも上手かったですし、次回は、ここで1時間を過ごしてもいいかも。と思ったりしました。



 いずれにせよ、参加費15ドルが、とにかく手頃で、ニューヨークの新しい夜のエンターテインメントという表現が、しっくり来ます。
 日本時間では、日曜朝11時なので、個人的には仮面ライダーゼロワンの後ということで、テンションの持っていき方が難しいのですが、また機会を見て参加する予定です。

【9月8日追記】2週続けてプレイ

 参加したタイミングと記事を書いているタイミングとにズレが生じていますが、初回参加の1週間後、つまり翌週に再度、参加しました。
 始まった直後はSyrena Nikoleさんのダンスを楽しみましたが、中盤、謎解きに取り掛かり、情報収集をしている最中に運が良かったこともあり、ひとつのエンディングに辿り着くことができました。
 エンディングを見た後、有志がDiscord上でネタバレ攻略をしているというので招待を受け、グループに入らせていただきました。まだ、攻略情報を隅から隅まで読んだわけではありませんが、本来は何度も参加しなければ得られないような情報も統計だててまとめられていましたので、次回参加時はこの情報を元に、さらに奥までもぐってみる予定です。

終わりに

 このブログを見てくださっている方は、こういうの好きだと思いますので、是非、チャレンジしてみてください。
 そして、他にオススメを知っている方は、是非、お教えください。