雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

オンラインイマーシブシアター『今夜はオンライン飲み会デス2』の感想

f:id:sinden:20200907093651p:plain
 8月14日から16日に掛けて、計5公演が開催された、劇団ニコルソンズの木下半太によるオンラインイマーシブシアター『今夜はオンライン飲み会デス2』に参加しました。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

公演の概要

 Zoomを用いて配信されたオンライン作品です
 テレビドラマ版とオンライン演劇版の2種類があり、前者はテレビ西日本が企画とのことで、関西でのみ視聴できるのでしょうか。
 私の興味は、どちらかと言うとオンライン公演やイマーシブシアターにあるので、テレビドラマ版はノーチェックで、この記事で取り上げるのもオンライン演劇版のみとなります。
 前作は未視聴ですが、狂気のサイコキラー「曽根」なる殺人鬼がセットアップしたオンライン飲み会の参加者が、まさかのリモートデスゲームに巻き込まれる……みたいな内容の様子です。

公演の感想

 観劇しようと思ったきっかけは『泊まれる演劇』です
『Room 101』という作品なんですけれど、これがとにかく良かったのです。私は、元々、きださおりさんのファンなのですが『Room 101』は、劇団ニコルソンズの木下半太さんが脚本・演出に関わっておられました。また、出演していた西郷豊さんの安定感あるお芝居が、見ていてしっくり来ました。
「良かったなあ」と、しみじみ感慨にふけっていた矢先、木下半太脚本、西郷豊出演と聞いて、一も二もなく『今夜オンライン飲み会デス2』のチケットを抑えた次第です。



 ジャンルとしては、サイコホラー、サスペンス、デスゲーム……みたいな感じでしょうか
 あまり好みのジャンルではないですが、中盤以降のミステリ仕立てな展開は、とても好みでした
 イマーシブシアターという観点では、観客が干渉できる領域は、とても限られていて、基本的には投票という手段に限られます。物語の随所随所で、Zoomの機能を用いた投票が行われ、それによって展開や結末が変化するという仕組みです。
 熱心なファンであれば、全5公演すべてのチケットを抑えて、全エンディングを視聴すべく全力を尽くすだろうな、と感じました。


 オンラインイマーシブシアターって、よもするとゲームになりがちですし、あんまり一本道過ぎると予定調和的で面白くないですし、かといって分岐が多いと、1回の公演に参加しての満足度が下がりがちです。
 どこを、どう、どのように見せるか。かなり手腕が問われるように思います。
 その点、この『今夜オンライン飲み会デス2』は、投票でしか関われないので、比較的、集中して演技が鑑賞できますし、1回の参加で十分に満足できます。ひとつの完成形と感じました
 参加できて良かったです。

終わりに

 非常に良かったので『今夜はオンライン飲み会デス』の再演を心から願いますし、この先の展開は予想もつかないですが『今夜はオンライン飲み会デス3』も楽しみに待ちたいです。