雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

重厚な持ち帰り型リアル宝探し『環状鉄道都市の宝』の感想

f:id:sinden:20200904171329p:plain
 リアル宝探しのタカラッシュさんよりリリースされた、持ち帰り型のリアル宝探し『環状鉄道都市の宝』を遊びました。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ゲームの概要

とある鉱山都市にあるという”幻の水晶”ローズクリスタル。学者アイゼンバーンはこの宝を見つけ、破壊する手伝いをしてほしいと頼まれる。 鉄道網の発達した不思議な街で、アイゼンバーンは様々な謎を解いていく。その先にある宝は、いったいどんな姿をしているのか・・・。

https://www.takarush.jp/goods/Kanzyoutetsudou/

 リアル謎解きゲームの文脈で言うところの、いわゆる持ち帰り謎です
 特に何ともコラボしておらず、架空の鉱山都市を舞台に、日付が変わるまでに幻の水晶を見つけ出すという作品です。
 通販で購入可能です。

ゲームの感想

 プレイ時間は、ぴったり2時間。
 練り込まれた世界観に、親和性の高い謎。重厚な宝探し体験を得ることができて、大満足の1作です。最近のタカラッシュさんの持ち帰り謎のなかでは『空想都市トラベル』と並んでオススメしたいですね


 前半のパズルや中盤の謎解きも、もちろん良いんですけれど、やっぱり終盤の展開ですよね。すべての伏線がある一点に向かって収束し、これ以外はありえないという答えが閃けた瞬間は、もうほんとうに快感でした
 持ち帰り謎ではあるのですが、この最終回答は衝撃的なので、60分の時間制限のあるリアル公演にしても十分に通用する作品ではないかと感じました。


 特に、骨のあるストーリーが全体を支えているのが良いんですよね。
 加えて地図。
 地図という概念は、やはりタカラッシュさんの提唱するリアル宝探しを体現する、重要な要素だと思います。この作品において、この地図が細部まで作り込まれていたからこそ、リアリティが生まれ、それが満足感につながるのでしょう。
 神は細部に宿る、と言いますしね。
 傑作でした。

一緒に遊んだぺこらさんとの対談

終わりに

 とにかく大満足の一作です。
 さくっと遊べる持ち帰り謎も悪くないですけれど、やっぱりこういう重厚な作品の方が好きですね!