雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

桃園の誓いを交わした3人(ずっ友)の誰かが天才ニート孔明を殺した!?『さんごくし殺人事件』の感想

f:id:sinden:20200908164942p:plain
 三田たたみさんによる3人用マーダーミステリー『さんごくし殺人事件』を遊びました。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ゲームの概要

 Twitterで見た瞬間から、ずっと気になっていたタイトルです。

劉備、関羽、張飛の3人は、桃園にて「我ら生まれた日は違えども 死す時は同じ日同じ時を願わん」(意訳:ずっ友だょ!)と誓い合った仲間。
しかし、劉備(イイヒト)、関羽(堅物)、張飛(脳筋)では、熾烈な戦国の世において到底勝ち目はなかった。

そこで劉備は、ニートだった孔明(天才)を勧誘しようと計画。
孔明の屋敷を訪れたものの、2回は断られてしまう。
しかし最後の望みをかけた3回目の訪問時……なんと孔明は死んでいた!
隣人曰く、ここ数日孔明の屋敷を訪れたのはこの3人しかいないらしい。
犯人はいったい誰だ?

https://booth.pm/ja/items/2125638

 いやいや、面白すぎでしょ?
 これが面白くないわけないでしょ?
 と言うわけで、一も二もなく飛びついてしまいました。ちょっとイロモノのGM不要のマーダーミステリーです

ゲームの感想

何でも許せる、気の置けない仲間と遊んで下さい。
男性3名or女性3名グループでのプレイを強く推奨します。

 と、注意がありましたが、男性2名女性1名で遊んでしまいました。
 遊び始めてから納得、R12要素があるのですね。でも、軽度な方ではないでしょうか。私は、いわゆる下ネタが苦手で、飲みの席でも、そういう方とはなるべく同席しないよう気をつけている方ですが、今回は気のおけない仲間との卓だったので、それほど問題はなし、むしろ羽根を伸ばすようにプレイしたかもしれません。


 感想としては──激烈に面白かったです
 ネタがネタだけに手放しで絶賛して「3人用マーダーミステリーのベスト!」とは、ちょっと公言しにくいですが、クォリティという観点では1、2を争う出来栄えだと感じました
 言うなれば裏ベスト、みたいな感じでしょうか。
 ゆるくておバカな三国志に対して理解があって、仲のいい同性友達を2人集められるならば絶対にプレイすべきタイトルです。超オススメです。

一緒に遊んだぺこらさんとのラジオ

終わりに

 3人用マーダーミステリーの中では、めずらしい有料作品です。
 仲間3人だけでマーダーミステリーを遊ばれている方としては、有料なので敷居を高く感じるかもしれませんが、クォリティの担保と解釈した方が良いかもしれません。何度も言っちゃいますけれど、めっちゃオススメです。