雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

SCRAPが放つ本気のホール型オンライン公演『青梅雨に届いた手紙』の感想

f:id:sinden:20200911171507p:plain
 SCRAPのリアル脱出ゲーム・デリバリー『青梅雨に届いた手紙』を遊びました。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ゲームの概要

 4人~6人のチーム戦で遊ぶ、ホール型リアル脱出ゲームのオンライン公演です
 グループチケットを申し込むと自宅に謎解きキットが届くので、Zoomでプレイヤー同士の顔を見ながら手元のキットを用いて謎を解き進めます。
 顔出しは原則必須で、手元にLINEをインストールしたスマートフォンが求められます。

ゲームの感想

 SCRAPは『エイリアン研究所からの脱出』や『潜水艦ポセイドン号からの脱出』、『忘れられた実験室からの脱出』、『人狼村からの脱出』、『終わらない学級会からの脱出』等の既存のホール型だったりルーム型だったりするコンテンツに対して「リモートver.」と称して、オンラインでも遊べるように改変を施したタイトルをリリースしています。
 私自身は、いずれもリアルで体験済みのため、リモートver.は遊んでいませんが、いずれのタイトルも「なるほど、手を加えればリモートでも遊べるのかな」と思わないでもないです。

 今回の『青梅雨に届いた手紙』は、リアル版が存在しない、オンライン公演に特化した完全新作となります
 その目線で見ると、最初からオンラインで遊ぶように最適化されていますし、オンライン公演ならではの謎てんこもりでしたし、世界観からして、オンライン公演であることを意識しています。

小さな事件を在宅調査のみで解決する『アットホームズ探偵事務所』。
あなたはその一員だ。
日々、人探しや浮気調査などの依頼を自宅から解決している。

https://realdgame.jp/aotsuyu/

 特筆すべきは、ストーリーでしょうか
 非常に微笑ましく、しっとりとしたものでした
 ディレクターのきださおりさんは『君は明日と消えていった』や『さよなら、僕らのマジックアワー』といった青春物を手掛けられた来ましたが、今回の『青梅雨に届いた手紙』は、その系譜にあるなと感じました。
 ただ、過去2作がプレイヤー自身も学生となり、一緒に青春を繰り広げるのに対し、今作においてプレイヤーは自分自身ですし、テーマが亡き男性が娘に遺した宝探しということで、どちらかと言うと親から子の目線が強いです
 従って『君は明日と消えていった』や『さよなら、僕らのマジックアワー』が、青春やエモに寄せすぎているという理由で苦手だった方も、この『青梅雨に届いた手紙』は逆にグッと来るのではと察します
f:id:sinden:20200911171735j:plain

一緒に遊んだぺこらさんとのラジオ

終わりに

 4人~6人でメンバーを集める必要があり、全員がZoomをインストールしたPCを持ち、手元にLINEをインストールしたスマートフォンを用意する必要があるので、やや敷居は高めですが、それを乗り越えてでも体験する価値のある作品でした。
 SCRAPが放つ、本気のホール型オンライン公演、遊ばない手はないですね。