雲上ブログ〜謎ときどきボドゲ〜

オススメの謎解き&ボードゲーム&マーダーミステリーを紹介しています

泊まれる演劇 In Your Room『ROOM 103』の感想

f:id:sinden:20210210155951p:plain
 2月5日から2月8日に掛けて、わずか4日だけ開催された『泊まれる演劇 In Your Room「ROOM 104」』に参加しました。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

イベントの概要

 泊まれる演劇 In Your Roomシリーズの最新作となります
 泊まれる演劇がどういう作品で、その中でIn Your Roomがどういう作品であるかは公式サイトが分かりやすいです。

 In Your Roomの中でも『ROOM』シリーズと、『ANOTHER DOOR』シリーズの2つが展開されていますが、私は、圧倒的に前者が好きです。ポイントとしては木下半太氏のサスペンスな脚本や、西郷豊氏のハートフルな演技、そして豊かなゲーム性でしょうか。残念ながらシリーズ第2弾の『ROOM 102』はチケットを逃してしまいましたが、『ROOM 101』は大のお気に入りで、今でもしばしば思い返しては、良かったなあと浸っています。

イベントの感想

f:id:sinden:20210210155313j:plain
 最初の驚きという点において『ROOM 101』の鮮烈さが強く残っていますが、細部の作り込みやスリリングな展開などは見事の一言でした。特にシリーズならではとも言える展開は、予想外ながら好ましく、とても素敵でした
 最終章だなんて言わず、もっと長く続いてほしいなと思うと同時に、ちょっと足りないくらいが良いのかな、とも。
 いつかどこかでまた堅山ヒロに出会いたいですね。
 ラジオでも感想を語ったので、よろしければ。

終わりに

 これから『MIDNIGHT MOTEL』の制作が佳境を迎えるのだと思いますが、是非『ROOM 102』の再演もお願いしたく……!