雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

火曜日は無明平野にて時の亡者と遭遇せり

■明日から、がっと気温が上がるみたいですね。
全日本寒がりコンテストにおいて、かつて25位までのぼったことのある秋山としては、とにかく暖かくなる日が町望ましい次第です。とは言え、花粉はノーウェルカムなので、ほんとうに嬉しいのは、春とか、なかったことにして、梅雨にも早々に退去頂いて、夏に来て頂くことですね。日本の夏は、やや湿度が高いのが難点ですが、嫌いではありません。それに秋も好きです。そりゃあ、秋山を名乗るくらいですからね。夏山でも良かったんですが。
■まあ、でも、冬も嫌いじゃないんですよ。寒いのは苦手ですが、こたつは好きですし、こたつで飲む冷たいビールは最高です。ウィスキーのロックも好きです。ストレートの方が好きですけれど。熱燗も嫌いじゃないですよ。あぶらの乗った寒ぶりを、しっかり濃口の醤油にたらして食べるのはいいですね。
■そんな四季。

鴉 (幻冬舎文庫)

鴉 (幻冬舎文庫)