雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

テラフォーミングマーズ脱出『火星地球化計画』の感想

f:id:sinden:20190818222451j:plain
 8月18日から8月25日まで、計3日間のみ開催される、SBGCによるリアル謎解きゲーム第2弾『火星地球化計画』を遊んできました。
 今回は、アークライト社から日本語版の出ている『テラフォーミングマーズ』をテーマとした作品です。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ゲーム概要

 1チーム4名で遊ぶ、いわゆるホール型の謎解きです。
 1回のイベントには計20チームが参加するので、80名+スタッフが会場にいることになります。
 団体名のSBGCは、セガボードゲームクラブの略称で、会場はTUNNEL TOKYOというセガ社が入っているビル内に作られた会員制コワーキングスペースです。なかなか広大なスペースで、テーブルを狭く感じたり、テーブル間の通路を狭く感じたり、他の参加者との距離が近いなと感じることは、まったくありませんでした

ストーリー

時は23世紀。
地球は人口過剰にあえぎ、資源は底をつきかけていた…

人類存続のために、我々は火星を居住可能な惑星へと変えねばならない!
不運にもあなた方はその最初の開拓者として火星に来てしまった新興企業の面々だ。しかし、これは同時にチャンスでもある!世界政府がこの事業のために用意した報酬は莫大なのだから。
準備はいいか?
人類の未来のために、プロジェクトを開始せよ!

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01kei310ct3nm.html

 ボードゲーム『テラフォーミングマーズ』を遊ばれた方ならば、ピンと来るかもしれませんが、火星開拓に乗り出した企業となり、謎を解き、プロジェクトを推進することで、火星を地球のような居住可能な惑星に変えていくことを目指します。

難易度

f:id:sinden:20190818222712j:plain
 制限時間は120分ということで、一般的なリアル謎解きゲームと比較すると倍近い長さを持ちます。その分、物量も半端なく「通常の公演だったら、これが大謎だろうな」というタイミングで、まだまだ中盤だったりするので、謎を解いて解いて解きまくりたいという方は、充実の2時間が過ごせるかと思います。

参加チーム数:19
成功チーム数:13
成功率:68%

 脱出率は高めでしたが、残念ながら今回、秋山のチームは失敗でございました。
 まあ、あれですよ、地球の重力に魂を縛られているんですよ(最近、ガンダムを見始めた結果、なんでもかんでもガンダムに結びつけたがる病)

感想

 SBGCさんの第1回公演『パンデミックからの脱出』は、ほんとうに成功でした。
 最初から最後までずっと面白くて、華麗に脱出成功できましたし、自分のなかで一躍、大好きな団体さんになりました。


 そういったわけで、第2回公演となる今回の『火星地球化計画』も、ずっと楽しみにしていました。
 コラボ系のリアル謎解きゲームに参加する際は、なるべく事前に予習する派ですが、今回は『テラフォーミングマーズ』を2回ほど遊んでから臨みました。


……が!


 いやあ、ほんとうに愚かなことをしてしまいましたね。
 世間ではお盆休みだった1週間ですが、なんかふつうに働いていたうえに、仕事終わりはお盆休み中な方々と一緒になって遊び歩いてしまったのです。そして、土曜日はミスボドで朝から晩まで稼働して、日曜日の公演は、会場が家から近いからという理由で、20分ほど炎天下を無防備にも歩いてしまいました。
 結果として、開演時間を迎えるころには、すっかりヘロヘロになっていたわけです。


 120分という長時間公演なので、途中のトイレ離席はOKというルールに甘え、退席し体調を整えつつ、なんとか頑張りましたが、ちょっとパフォーマンスが発揮できませんでしたね。
 終盤まで19チーム中最下位という情けない感じで、はまぞうさんはじめスタッフの皆さんから何度もヒントを貰いつつ、なんとか食らいついていきました。最終的になんとかラス謎に辿り着けましたし、突破するに充分な時間を残すことが出来たのは良かったです。脱出できなかったのは、やっぱり、ちょっと元気がなかったことが敗因だったかなという印象です。
 どちらかと言うと、秋山が得意とする謎だったので、もう少し元気があれば、問題なく余裕をもって突破できていた気がします。

物販ブース

f:id:sinden:20190818222838j:plain
 ゲーム終了後、受付エリアは物販ブースとなり、持ち帰り謎やステッカーが販売されていました。
 購入したので、遊んだら感想を書こうと思います。

一緒に遊んだぺこらさんの感想

難しかったねえ、だいぶ量が多かったよ。全然、最後まで行きつけなかったね。最短で進んだひとは、ほんとうにすごいね

すごいと思う。なんか体調が優れなかったから、あんまり謎を解けなくて、代わりに皆が解いてくれた小謎を解答用紙にまとめたりしてたよ。後は、情報収集したり

そう! あっきー、珍しくまとめをしてたよね。珍しい! って思った。後、もったいない! って思った。あっきーが使えてなかったよ。やっぱり、歩いていかずに、バスに乗っていけば良かったんだよ!

まあ、仮に、まとめとか整理整頓をしていなかったら、多分、もっと使い物にならなかった気がするよ。帰りに経口補水液を買ったけれど、ふつうに美味しく感じて飲めちゃうくらいだったからね

持ち帰り謎も、はやいうちに遊ぼう!!

終わりに

 そういったわけで、個人的には悔いの残る体験になってしまいましたが、公演としては非常にレベルが高く、上述した通り物量が多いので、謎を解きまくりたい方は、大好物でしょう
 この調子で、次回もボードゲームを題材に、リアル謎解きゲームを開催いただきたいですね。特に! カルカソンヌだと嬉しいです!!