雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

5分じゃ解けない『5分間リアル脱出ゲーム』の感想

f:id:sinden:20200702152524j:plain
 SCRAP出版が発行している『5分間リアル脱出ゲーム』を遊びました。
 10本の謎解きゲームを収録した書籍です。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

遊び方

「ある謎解き部屋からの脱出」や「あるタイムカプセルからの脱出」等、10作の謎解きゲームが収録されています。
 各作品には、それぞれ特色があり、小謎があって中謎があって大謎がある、リアル脱出ゲームの鏡のような作品から、短編小説のように物語を読み、文章のなかに散りばめられた謎を読み解いて答えを導く、小説的な作品まで幅広いです
 プレイ感は、公式サイトに「お試し5分間リアル脱出ゲーム 殺人館からの脱出」が公開されているので、試しにこれを遊ぶのが良いかもしれません。

プレイ時間

 ネットスラングに(とは言っていない)というものがあります。
「返してください」に対して「あぁ、考えてやるよ(返すとは言ってない)」が元ネタだそうですが、これが発展して「考えてやるよ(考えるとは言っていない)」や「返してやるよ(返すとは言っていない)」という、思わず首を傾げるような意図的な誤用もあり、もはや意味が分かりません。
 なんで、いきなりこんな話を始めたかと言うと、本書について、タイトルが『5分間リアル脱出ゲーム』なので、さも5分で脱出できるゲームが収録されているんだろうなあと思いがちですが、誰も「5分で解けるリアル脱出ゲームである」とは謳っていないわけです
 発明レベルのタイトルですね。
 非常に優れていると感じます。

5分間リアル脱出ゲーム

5分間リアル脱出ゲーム

  • 作者:SCRAP
  • 発売日: 2018/08/29
  • メディア: 単行本

感想

 クリアに要した時間は2時間15分でした
 謎によっては10分以内で解けたものもありましたし、20分以上かかったものもありましたが、いずれにせよ言えるのは5分で解けるわけではない、ということです。
 従って、ほんとうに5分で解ける、軽い謎解き体験を求めている方は『ヒラメキナゾトキBOOK』をオススメします。


SCRAPヒラメキナゾトキBOOK

SCRAPヒラメキナゾトキBOOK

  • 作者:SCRAP
  • 発売日: 2020/04/21
  • メディア: Kindle版


 逆に、15分くらいで脱出を目指す、紙上で遊べる、軽いリアル脱出ゲーム体験を求めている方には、この上なくうってつけでしょう
 注意点としては、ほぼ書き込み必須であることです。
 がんばれば雑紙等を使って、本を汚さずに遊ぶことも可能ですが、楽しさを損なうことになるでしょうから、早々に覚悟を決め、えんぴつ片手にどんどん書き込んでいった方が楽しめることでしょう。

一緒に遊んだぺこらさんとの対談

終わりに

 初版は2018年8月ですが、2年以内にシリーズ第4弾までリリースされていることを考えると、SCRAP出版の刊行物のなかでも人気シリーズであると考えられます。
 是非、遊んでみてください。