雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ミステリーレター『世界は謎に満ちている vol.1 塗りつぶされた5通の手紙』の感想

f:id:sinden:20200904145329p:plain
 謎組さんの持ち帰り謎、ミステリーレター『世界は謎に満ちている』シリーズの第1弾『塗りつぶされた5通の手紙』を遊びました。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ゲームの概要

 Amazonで販売されている、自宅で遊べるタイプの謎解きです
 内容物としては差出人不明の5通のエアメール。
 封筒のなかには、一部が黒塗りされた絵葉書が入っており、1枚ずつ謎を解いて、次の封筒へ進むという形式です。
 プレイ期限が設定されており、購入する前に必ず期限を確認し、買った後も期限を迎えてしまう前に積まずに遊ぶことをオススメします!

ゲームの感想

 冒頭にミステリーレターシリーズと記載しましたが、既に第2弾『僕が旅に出る理由』もリリースされており、実は、そちらを先に遊んでしまいました。詳しい感想は、下記をご覧ください。



『僕が旅に出る理由』は、世界中を旅しているある人物が、旅先からプレイヤー宛に手紙を送ってくれて、その中に謎が仕込まれているという形式でした。
 順番的に逆に遊んでしまいましたが、このページで紹介する第1弾の『塗りつぶされた5通の手紙』も基本は一緒で、謎の人物から手紙が送られてきたので、手紙に含まれる謎を解く、という流れです。
 私は性格的に、あらゆるシリーズ作品はリリース順に遊びたい派なのですが、今回に限り、逆順で良かったかなと思っています。と言うのも、第2弾の方が面白いと感じたからです。
 第2弾が面白かったからこそ、第1弾を買ったのですが、もし第1弾を先にプレイしていたら、第2弾は……どうでしょう? 買っていたかどうか分かりません。

 プレイ時間としては前半50分、後半1時間で、計1時間50分でした。
 どちらかと言うと後半がメインでしょう。前半は独立した小謎が連続してある感じなので、黙々と解いていく印象ですが、後半に入るといきなり謎同士が有機的に繋がりあったり、物語とも繋がりはじめるので俄然、面白くなります

一緒に遊んだぺこらさんとの対談

終わりに

 後半が面白いので、購入された方は、どうか前半でくじけず、最後まで駆け抜けていただければと思う次第です。
 後、オススメは第2弾なので、なんなら両方同時買いもありかもしれません。