雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

第9回「ミスボド名古屋」レポート

 EJFの翌日はミスボド名古屋でした。

Q-JET 21XX


(プレイ時間:5分)
 SF風『アベ・カエサル』を2人プレイ。
 1人プレイでも6のカードが余って仕様がないのに、2人プレイだと余るどころの騒ぎではないですね。なので、プレイ感が、全然異なるというか、ちょっと新鮮でした。
(秋山勝利、温泉玉GOさん敗北)

枯山水



(インスト:20分、プレイ時間:1時間20分)
 東京ドイツゲーム賞を受賞して、豪華なコンポーネントと共に発売された『枯山水』を、もちづきさんインストで遊ばせてもらいました。これは、なかなか面白いですね。見た目も良いです。評判が出るのも納得です。
(もちづきさん53点、おーのさん52点、まるさん49点、秋山44点)

王たちの同人誌


(プレイ時間:40分)
 辺境紳士社交場さんによる同人誌や即売会をテーマとしたカードゲーム。
 だいぶルールがざっくりとしていますが、盛り沢山なフレーバーで、終始、盛り上がることができるので、まったく気にならないですね。一度、勝利して壁サークルとなったプレイヤが、圧倒的な強さで弱小サークルの前に立ちふさがり、全員で結託するのも、また楽しいです。
(もちづきさん、東野Kさん、フレイさん、秋山)

12分Quest


(プレイ時間:45分)
 いつの間にか遊星からのフリーキックさんから、遊星ゲームズさんになっていました。
 と言うわけで、ポストカードゲーム企画参加作品を遊びました。マニュアルを一読して、通常ルールの鮮烈さにくらくらしました。これを通常ルールとして書けるのは、同人ゲーム界において、寺島さんくらいでしょう。
 ゲーム的にはかなり面白かったです。魔法の中では、ライトソードが強いですね。そして、12分では絶対に終わりません。

ヴォーパルス


(プレイ時間:50分)
 これは三次会で遊びました。ちゅうたろんさんが遊んだことないと仰るので、I was gameさんの『ヴォーパルス』を。久々にインストしましたね。と言うか、プレイ自体が、久々でした。前回は2012年7月? ざっと、1年半振りですね……。
 トーテム像を初手で立てたちゅうたろんさんに、時計職人を譲ったりしていたら当然のように負けました。
(ちゅうたろんさん43点、フレイさん41点、秋山38点)

クク


 フレイさんが持っていながら遊んだことがないと仰るので『クク』をプレイ。
 やっぱり『クク』は飲みながらがいちばんですね。それにしても、ボロ勝ちであった。

テキサスホールデム


『クク』のチップを使ってテキサスホールデムをプレイ。
 最上さんがディーラーを担当してくださいました。

終わりに、にかえてドワーフの城塞


 これは、ミスボド名古屋でと言うより、ちょうど前日の夜に遊んだので。
 I was gameさんのポストカードゲーム。最終戦を見据えながら逆算して能力を振っていかないと詰みますね。