雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

カード謎ときゲーム第1弾『セルバの宝箱』の感想

f:id:sinden:20190424102341j:plain
 常盤倶楽部さんの『Jungle Treasure~セルバの宝箱~』を遊びました。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。


f:id:sinden:20190424102627j:plain


 常盤倶楽部のかみやパパさんは、好きな謎制作者さんです。
 なんといっても、お人柄が素敵です。そして、そのあたたかなお気持ちが繰り出される、プレイヤを楽しませたいという謎が好きです
 先に遊んだ、カード謎ときゲーム第2弾『なぞときどうぶつえん』が初めての謎解きに最適で、非常に面白かったので、前作も気になっていて、ようやく遊ぶことができました。


 2014年の作品ということで、ちょっと古い印象はありました。
 多分、今だったら、こういう謎は作られないだろうなとも感じましたが、そういう時代感も含めて、好ましく感じました。
 ただ、秘宝を求めて、ジャングルを奥へ奥へと進んでいくストーリーは、きれいに表現されていて美しく感じました。
 ラス謎は、秋山が購入したものに不備があったのか、うまいこと機能しておらず、その点だけは残念でしたが、まあ、物によってはこういうこともあるでしょう。


 全体的に満足度は高めで、繰り返しのプレイにも耐えられるものなので、まだ遊んだことがない方には、広めていきたいですね


こういう小箱の謎解き、もっと増えるといいよね。書き込まないから友だちにもあげやすいし、持ち運びやすいし。良いと思う。そう、そもそもボードゲームというのは、リプレイできることが大事なのです!

謎解きだからボードゲームじゃないけどね

カードゲームの間違いでした。カードゲームも、何回も遊べた方がいいよ、『DECKSCAPE』も面白いしね! 常盤倶楽部さんが、日本の『DECKSCAPE』的存在になってくれると幸いです。もう、クリアファイルの時代じゃないよ。箱だよ、箱