雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

第37回「ミスボド」レポート

 先週末はミスボドでした。
 こちらは秋山の個人ブログで、秋山が遊んだゲームの感想を書いています。
 会としてのレポートは、別途公式ブログをご覧ください。

カルカソンヌ


 ミスボドの最中はあんまり遊ばない秋山ですが、せっかく望月さんを東京に呼んでいたので遊ぶことに。と言っても、あまり長い時間を掛けるのも辛いので、さくさくプレイを心掛けます。
 基本的には、ほとんどカウンティングせずに、5分掛けずに終わらせたように記憶しています。最後だけは、何のカードが残っているか確認したかったのでフルカウントして、道付き修道院が残っていることを確認した上で、左下の道の側にミープルを寝かせたりしました。
(望月さん81点、秋山77点)

コンヘックス


 本会で『カルカソンヌ』を10分、遊んだ後は、そのままゲームをせずに、三次会でけがわさんと『コンヘックス』を遊びました。
『コンヘックス』は2人用アブストラクトの中でも、特に気に入っている一作です。けがわさんと「秋山さん! またアブストラクトやりましょう! なんかやりたいのありますか!」「だから『コンヘックス』ですって!!」という会話を3回くらい繰り返して、ようやく遊ぶことができました。写真は秋山のターンですが、投了した場面です。
 その後、まさるさんと一回遊んで勝利しました。

終わりに


 写真は二次会でいつも使っている、月とすっぽん様の看板。
 とても粋なはからいです。感動しました。