雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

Androidで遊べる無料のゲームブック『迷宮審判』の感想

少し前に『絶対に読みたいゲームブック40選』の感想を書きましたが、それ以来、ゲームブックが遊びたくて遊びたくて……Google playで「ゲームブック」と検索してみたら、この『迷宮審判』が出てきたので、早速、遊んでみました。

投資家目線とコーポレート・ガバナンスの話『生涯投資家』を読んで

村上世彰の『生涯投資家』を読みました。 非常に難しく、特に前半は、もう一度、読み直さなければと思い、再読している最中ですが、何回、読んでも面白いです。 今日は、この本について少しだけ。生涯投資家 (文春e-book)作者: 村上世彰出版社/メーカー: 文…

名画を裏オークションに出品せよ『真贋のはざまで』の感想

ウニゲームスさんのゲームマーケット2018秋の新作『真贋のはざまで』を遊びました。 4~9人で遊べる、ブラフ要素と正体隠蔽要素のある競りゲームです。

2018年に観て面白かった映画ベスト5

今日は、2018年に観て面白かった映画ベスト5です。 2018年は、自分にしては、けっこう映画を観た気がしています。

FGOプレイ日記『雀のお宿の活動日誌 閻魔亭繁盛期』(ネタバレあり)

FGO

新年早々、奈須きのこシナリオによる、ほのぼのしつつも波乱あり、感動ありのシナリオイベント『雀のお宿の活動日誌 閻魔亭繁盛期』良かったですね。 と言うわけで、いつも通り、振り返ってみましょう。

『これはトリテなのか?展』訪問レポート

トリックテイキングゲームオンリー会「TrickTakingParty」の主催である、ひげくまごろうさん主催の会『これはトリテなのか?展』に行ってきました。 せっかくなので、かんたんにレポートします。

楽しく仲良くバスケしよう『青空の3on3』の感想

第774工房さんのゲームマーケット2018秋の新作『青空の3on3』を遊びました。 2人専用のカードゲームです。

正体隠匿ゲームと正体隠蔽ゲーム、呼び方の違いに迫る

人狼に代表される、自身の正体や役職を隠す系のゲーム、お好きですか? こんにちは、秋山です、今日は隠匿(いんとく)と隠蔽(いんぺい)について考えてみます。

鬼ごっこゲーム『ウサこまはゾンビになりたくなくて困っています』の感想

ボドゲであそぼさんのゲームマーケット2018秋の新作『ウサこまはゾンビになりたくなくて困っています』を遊びました。 ウサこまチームとゾンビチームに分かれて鬼ごっこする4人~8人用のゲームです。

2018年に読んで面白かった漫画ベスト5

昨年に引き続き、今年もまとめることにしました。 1年間に読んだ漫画の内、特に面白かった5作を紹介します。

アクセス解析の結果をご紹介(2018年)

毎月、ピックアップと称して、前月にアクセスの多かった記事を振り返っていますが、今回は2018年の振り返りとして、この1年間でアクセスの多かった記事を紹介させていただければと思います。 また、せっかくなので、日頃は公開していない情報なんかも、少し…

かわいい妖精を見つけよう『コティングリーフェアリーズ』の感想

COLON ARCさんのゲームマーケット2018秋の新作『コティングリーフェアリーズ - Cottingley Fairies ~妖精の見つけ方~』を遊びました。 3~6人で遊べる、オープンドラフトとカード配置のゲームです。

正体隠蔽系ゲームに革命『斯くして我は独裁者に成れり』の感想

クリエイティブAHCさんのゲームマーケット2018秋の新作『斯くして我は独裁者に成れり』を遊びました。 4人からプレイ可能で、2セットあれば最大12人まで遊べるカードゲームです。

トリックテイキングの協力ゲーム『進捗 of the DEAD』の感想

JOKER PROJECTさんのゲームマーケット2018秋の新作『進捗 of the DEAD』を遊びました。 3人から5人で遊べる、協力型のカードゲームです。推奨プレイ人数は5人と察せられます。

また読みたいのが増える『絶対に読みたいゲームブック40選』読みました

ゲームブックが大好きな秋山です、こんにちは。 気づくのが遅れましたが、昨年末に幻想迷宮書店さんが『絶対に読みたいゲームブック40選』を出されていたので、早速、読みました。絶対に読みたいゲームブック40選 (幻想迷宮ゲームブック)作者: 外城わたる出…

巧みな話術で勝ち取れ無罪『ドロッセルマイヤーさんの法廷気分』の感想

ドロッセルマイヤーさんのゲームマーケット2018秋の新作『ドロッセルマイヤーさんの法廷気分』を遊びました。 4人から6人で遊ぶことのできる、コミュニケーション系のゲームです。

強いられた行動が能動的ではないという考え方で生きる

國分功一郎の『中動態の世界 意志と責任の考古学』を読みました。 能動態でも受動態でもない、第3の態に関する本です。

協力して悪夢から脱出せよ『チェインソムニア』の感想

『Fate/Grand Order』の開発会社で知られるディライトワークスのボードゲーム部門がリリースした、ゲームマーケット2018秋の新作『CHAINsomnia(チェインソムニア)~アクマの城と子どもたち~』を遊びました。 1から4人までで遊べる協力型のボードゲームで…

富豪と泥棒の一騎打ち『MR.SNEAKY』の感想

ヤマズゲームスさんのゲームマーケット2018秋の新作『MR.SNEAKY』を遊びました。 2人専用の対戦ゲームです。

2018年12月の記事ピックアップ

松の内も過ぎ、先月のピックアップ記事を書いてなかったことを思い出しました。 そろそろ1年の振り返りにも着手したいですね。

『約束のネバーランド』が面白いのは叙述トリック満載だからでは

白井カイウ原作、出水ぽすか作画による漫画『約束のネバーランド』を、最新刊の12巻まで読みました。 SCRAPとコラボして、リアル脱出ゲーム化されることが決まったので、良い機会だと思って読んでみたのです。微ネタバレでお送りします。約束のネバーランド …

このアブストラクトがすごい『FILLIT(フィリット)』の感想

ラディアスリーさんのゲームマーケット2018秋の新作『FILLIT(フィリット)』を遊びました。 アブストラクトゲームですが、珍しいことに2人対戦だけではなく、3人対戦や4人チーム戦などのルールもあります。

対岸へ渡りきれ『Wacryll』の感想

デバッグモンキーズさんのゲームマーケット2018秋の新作『Wacryll』を遊びました。 2人用のアブストラクトゲームです。

一触即発、一撃必殺『エクストリーム将棋』の感想

NakagawaHandsさんのゲームマーケット2018春新作『エクストリーム将棋』を遊びました。 2人専用の将棋系のボードゲームです。

最高にエモい『Nage×Nage Portside YOKOHAMA』の感想

ケンビルさんのゲームマーケット2018秋の新作『Nage×Nage Portside YOKOHAMA』を遊びました。 2人から6人まで遊べるエモいゲームです。尚、エモいが、どういう意味であるかは、あんまりよく分かっていません。

秘密裏に伝えよ、折り目をつけてな『ニワトリかラマか』の感想

BrainBrainGamesさんのゲームマーケット2018秋の新作『ニワトリかラマか』を遊びました。 4人専用のチーム戦協力ブラフゲームです。

2枚のカードでポーカーを『SKIT DO(スキットドゥ)』の感想

88createさんのゲームマーケット2018秋の新作『SKIT DO(スキットドゥ)』を遊びました。 2人用の対戦型カードゲームです。

指輪を贈ろう『Wedding Ring(ウェディング・リング)』の感想

SHARKYUU_GAMESさんのゲームマーケット2018秋の新作『Wedding Ring(ウェディング・リング)』を遊びました。 2人用の読み合い系のゲームです。

数字でセットコレクション『クロ×クロ ~Cross×Clover~』の感想

Red I Gamesさんのゲームマーケット2018秋の新作『クロ×クロ ~Cross×Clover~』を遊びました。 2人専用のボードゲームです。

ブラフで対戦『人狼デュエル』の感想

有限浪漫さんのゲームマーケット2018秋の新作『人狼デュエル』を遊びました。 人狼をモチーフとした2人専用のカードゲームです。