雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

タンブルウィード×タカラッシュ!『タンブラッシュ!調査団とまよなかの森のマボロシアゲハ』の感想

宝探し万博2018で購入した、タンブルウィードがタカラッシュ! とコラボした持ち帰り謎『タンブラッシュ!調査団とまよなかの森のマボロシアゲハ』を遊びました。 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

タンブルウィード×タカラッシュ!『タンブラッシュ!調査団と地下洞窟に眠る盗賊王の冠』の感想

宝探し万博2018で購入した、タンブルウィードがタカラッシュ! とコラボした持ち帰り謎『タンブラッシュ!調査団と地下洞窟に眠る盗賊王の冠』を遊びました。 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

横浜のカップルやファミリーにオススメの謎解き『トロンプ・ルイユ殺絵事件』の感想

2018年10月27日から2019年10月27日まで、1年間という長期間にわたって横浜大世界で開催されているタカラッシュブラックレーベルによる周遊型の謎解き『トロンプ・ルイユ殺絵事件』の感想です。 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

謎を解き、推理し、事件を解決する金田一コラボ『電脳九龍城怨念遊戯殺人事件』の感想

2018年11月2日から2019年5月12日まで、約半年間にわたって電脳九龍城ことウェアハウス川崎にて開催される、タカラッシュブラックレーベルが『金田一少年の事件簿R』とコラボした周遊型の謎解き『電脳九龍城怨念遊戯殺人事件』の感想です。 ネタバレには配慮…

FGOプレイ日記『神秘の国のONILAND 鬼の王とカムイの黄金』(ネタバレあり)

FGO

ハロウィン2018は、残念ながらヨーロッパ旅行中の期間とダダ被りでしたので、めちゃくちゃスロースタートを切ることになりました。 レイド戦が始まった時点で、おともだちポイントは、ほぼなし。特攻も100%なしでしたが、イベント自体は8割型消化できたかな…

パリ行き最終を逃して焦った話

旅行と言えばトラブルですね。 万難を排して臨んだつもりであっても、ふとした拍子でつまづいてしまい、言葉も通じず困ってしまう。そんな経験をされた方も多いことでしょう。 旅慣れていらっしゃる方であれば、そもそもトラブルなんてものは起こるものだし…

魔法を使い不思議な生き物を図鑑に戻そう『ある魔法図書館の奇妙な図鑑』の感想

2018年11月1日より東京ミステリーサーカスにて始まった、ホール型のリアル脱出ゲーム『ある魔法図書館の奇妙な図鑑』を遊んできました。PTG(プロジェクションテーブルゲーム)を銘打たれており、真っ白なテーブル上に、プロジェクションマッピングで映像が…

エッセンシュピール2018を写真多めでご紹介

しばらく間が空きましたが、ここ何日かに渡って紹介してきたエッセンシュピール2018ですが、今回で最終回となります。 プレスルームと呼ばれる取材陣や記者向けの展示スペースを中心に、会場内で目についたブースをご紹介します。タイトルにも記載した通り、…

★4サーヴァント誰を選ぶ?(FGOダウンロード1500万人記念)

FGO

皆さん、こんにちは。秋山です。 ちょうど昨年も、この時期に★4サーヴァントをプレゼントする企画がありませんでしたっけ? そのタイミングで遊び始めたので、丸1年経った様子です。

自宅で夫婦ふたりでのんびり遊べるTRPG

自宅で夫婦ふたりでのんびり遊べるTRPGを、探しています。 という雑談をしようと思います。 こんにちは、秋山です。

2018年10月の記事ピックアップ

こんにちは、秋山です。 年々、渋谷のハロウィンは騒々しくなっていきますね。渋谷経由で帰宅する同僚は、いつも使っているバスが渋谷駅までの運行を中止したので、別経路で帰ったと言っていましたが、日本が平和な国であったというのも、いずれ過去のことに…

ドイツゲーム市場に羽ばたいた日本のボードゲームたち

皆さん、こんにちは。秋山です。 2018年10月25日から28日にかけて、ドイツはエッセンにてシュピールというアナログゲームの大型イベントが開催されました。この記事では、エッセンシュピールの会場で、秋山が見掛けた日本を出自とするボードゲームを紹介させ…

謎解きや推理、物語体験のあるゲームがドイツ市場で人気

ヨーロッパ旅行記の3回目にして、いよいよエッセンシュピール2018に関してです。 今年の滞在は、極めて短く、慌ただしく、駆け抜けるようなエッセンでしたが、そんな中で見えたものをご紹介差し上げます。題して、謎解きや推理、物語体験のあるゲームがドイ…

図書館でボードゲームの講演をさせていただきます

お知らせを書こう書こうと思って、失念していました。 2018年11月4日(日)14時より、江戸川区立東部図書館にて「ボドゲってなに? ~IGWは東部図書館でボードゲームを!~」というお題で講演させていただきます。 ちなみに上の写真は、それっぽい感じですが…

ボードゲームステーション蒲田店(東京都大田区)訪問レポート

我らが蒲田に、2018年11月1日にオープンしたボードゲームステーション蒲田店を、仕事終わりに訪ねにいきました。 お店の方に許可を貰って写真を何枚か撮ったので、紹介させてください。

デュッセルドルフで図書館とアルトビアを堪能する

ヨーロッパ旅行記1日目、デュッセルドルフ編です。 この日は、デュッセルドルフ中央図書館、リアル謎解きゲーム施設Exit Doors、アルトビアの名店ブラウライ シューマッハを訪ねました。

Wolfgang Warschのエッセンシュピール2018新作『Fuji』の紹介

皆さん、こんにちは。秋山です。 今年のエッセンシュピールは木曜日しか参加できませんでしたが、買えたゲームは新鮮なうちに崩していく予定です。 まずはWolfgang Warschの『Fuji』から。ルールも、かんたんにではありますが紹介します。

ドバイ経由のエミレーツ航空でヨーロッパに行ってきました

皆さん、こんにちは。秋山です。 10月22日から10月29日にかけて夏休みをいただきました。今年はエミレーツ航空で、ドバイ経由でデュッセルドルフに入り、その後、電車でパリに移動し、パリから、またドバイ経由で帰国しました。 今日から、何日かに掛けて、…

エッセンシュピール2018新作『DECKSCAPE The Mystery of Eldorado(デクスケープ:エルドラドの神秘)』の感想

エッセンシュピール2018の新作『DECKSCAPE The Mystery of Eldorado(デクスケープ:エルドラドの神秘)』を遊びました。日本語タイトルは、たった今、秋山がつけた適当なものです。 ネタバレに配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ワーカープレイスメントの新機軸『リトルタウンビルダーズ』の感想

Studio GGさんのゲームマーケット2017秋の新作『リトルタウンビルダーズ』を遊びました。 いやー、これは評判が良いのも納得! 面白いですわ。 いやはや感心しました。

顕微鏡を覗き、特効薬を発表せよ『Dr.野口っち』の感想

るりるりゲームズさんのゲームマーケット2017秋の新作『Dr.野口っち』を遊びました。 これは傑作ですよ……(深い溜め息と共に)。

ムスリムを率いてイスラム王朝を制す『イスラムの群雄』の感想

ショーナンさんのゲームマーケット2018春の新作『イスラムの群雄』を遊びました。 2人プレイ専用の対戦ゲームです。

大井町スポルの脱出アトラクション『Escape From Black SPORU』をクリアしました

大井町から徒歩5分弱、複合スポーツエンターテイメント施設『スポル』で遊ぶことができる脱出アトラクション『Escape From Black SPORU』をクリアしましたので、その感想です。 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

混雑に定評のある鎌倉を効率的に観光しよう『KAMAKURA COLLECTION』の感想

JUGAME STUDIOさんのゲームマーケット2018春の新作『KAMAKURA COLLECTION(カマクラコレクション)』を遊びました。 2~4人で遊べる、30~45分級のボードゲームです。

ドイツのリアル謎解きゲーム常設店『ExitDoors』に挑戦してみた

皆さん、こんにちは。 ボードゲームが好きすぎて、ドイツにまで来てしまったけれど、そこで謎解きも好きであることを思い出して、リアル謎解きゲームの常設店に突撃してしまった秋山です。 ドイツはデュッセルドルフで体験した『ExitDoors』について、早速、…

サイコロで運命を切り開け『Dice & Fate』の感想

Gakeoutさんのゲームマーケット2018春の新作『Dice & Fate』を遊びました。 TRPGのバトルだけを切り出したような、敵との戦いに重点を置いた協力型カードゲームです。追加カードを含む拡張キット『輪廻の塔』もリリースされています。

麻雀をシンプルに、ライトに『あいわな-TRAP OF LOVE-』の感想

TUKAPONさんのゲームマーケット2018春の新作『あいわな-TRAP OF LOVE-』を遊びました。 2人から4人で遊べる、30分のカードゲームです。

根に持たない生き方で楽する

忘れっぽい方です。 自分が言ったことも言われたことも、わりとなんでもすぐに忘れてしまいます。 察するに、敢えて忘れているのだと分析しています。 今日は、そんな、忘れることによって根に持たない生き方で楽をする、そんな話です。

強さの条件はすべて同じかすべて違うか『ハイドレンジアの夜警』の感想

luck moviesさんのゲームマーケット2018春の新作『ハイドレンジアの夜警』を遊びました。 2から4人で遊べ、ワンプレイ15~30分のカードゲームです。

FGOプレイ日記『無間氷焔世紀ゲッテルデメルング』(ネタバレあり)

FGO

ゲッテルデメルング。 ご存知ですか? ドイツ語で神々の黄昏、つまりラグナロクのことだそうです。 と言うわけで、FGO第2部第2章の『無間氷焔世紀ゲッテルデメルング』をクリアしました。